眼瞼下垂は手術で簡単治療~パッチリ瞳で生まれ変わる~

女性

美容整形でのしわ治療

美容

ボトックス注射の特徴はボツリヌス菌から抽出した成分を顔に注射し、筋肉の動きを抑えて表情じわができにくくします。知っておきたいのが注射した後に運動、マッサージをすると拡散してしまうので当日は避ける事です。

Read More

理想の目元にする方法

医者

目元の形状に関する悩みを抱えている場合は、美容外科クリニックで二重整形手術を受けることを検討してみるとよいです。自分でアイプチを使って二重まぶたにする方が費用が安上がりになりますが、手術をすると手間が省けます。

Read More

注入法でバストアップ

医者

豊胸手術は貧乳を豊かにしたり、左右差をなくしたり、形を整えたりすることができる美容整形のひとつです。切開してシリコンバッグを入れなくても、ヒアルロン酸注入や脂肪注入法なら注射器だけで胸を大きくできます。

Read More

若々しい瞼を実現する

目が開きづらい時には眼瞼下垂の治療を受けるのが良いです。切らない手術が誕生したことにより傷跡が残る心配がありません。

より負担の少ない手術へ

美容

眼瞼下垂とは文字通り瞼が垂れ下がって来る症状で、視界を狭めたり、頭痛や肩こりを引き起こしたりします。原因として最も多いのは加齢によって瞼を持ち上げる筋肉が衰えることによるものですが、中には先天的に垂れ下がっている方もいます。 眼瞼下垂を治療する場合、たいていはメスを使って垂れ下がった皮膚を切除し、瞼を引き上げて縫合するという手術が行われます。これは切り取ったり縫合したりという作業が入るため、どうしても腫れや内出血を生じやすく、ダウンタイムもとらなければならないのが、欠点でした。 しかし、このところガスレーザーを使用した無血手術や、メスを使わない治療法が出てきています。この場合、腫れや内出血が少なく、ダウンタイムも短くて済むという利点があります。 今後はこうした身体に負担をかけない方法でいかに眼瞼下垂を確実に治療していくか、ということが研究されていくのではないでしょうか。

自分に合った目元を

眼瞼下垂の治療とは、根本的には目の開きを良くするための手術ですので、どうしてもその部分に力点が置かれてしまいます。また、中には大きく目が開いた方が機能的にも良いし、目もパッチリして良いような気がして、やたらパッチリと見開くよう希望する方もいます。 しかし、その方の年齢や目の形状、顔立ちなどを無視して目をやたら大きく開くようにしても、返ってギョロギヨロと不自然な印象の目になってしまいます。また、瞼というのは非常にデリケートな部位です。少しの差で左右の目の形が均等でないといったことが起こったりもします。 やはり、自分の年齢や顔立ちなどに合わせて、自然な目の開き加減にすると共に、左右差が生じることの無いよう、なるべく臨床例を多く持つ医師にお願いしましょう。 少しの違いで大きく印象を変えてしまうのが目元です。念には念を入れて臨みたいものです。